調剤薬局の業務内容

調剤薬局の業務内容

1.処方箋の受付

はじめて来局された患者様は問診票に記入していただきます。

2.処方箋の監査

過去の医薬品の服用歴(飲み合わせ、薬の重複)や処方箋上に疑義(用法・用量・保険番号等に関する疑問点)がないか確認します。疑義があるときは、医療機関へ問い合わせをします。

3.薬袋の作成

薬を入れる袋を作成します。それぞれの薬の服用方法が分かりやすいように表記します。

4.調剤・監査

患者様が服用しやすいように1回分ごとに分けて調剤するなど個々の事情に合わせて調剤し、さらに調剤したお薬に間違い等がないか、再度確認します。

5.投薬

患者様と直接対話します。症状、体調、服用状況などを伺い、この時点でもおかしいなと思ったことは処方箋を発行した医療機関に疑義照会をし、患者様にあったお薬をお渡しします。

6.会計

コンピューターを利用して、調剤料、薬剤料などの会計業務を行います。

7.薬歴記載

次回来局時にお話しやすいよう、患者様の症状、体調、服用状況などの記録を残します。患者様のかかりつけ薬局になる為にの重要な業務です。