社長挨拶

社長挨拶

地域密着の薬局を目指し、サービス業のプロの育成

経営方針

昨今、医薬分業も過度期を迎え、医療機関としての調剤薬局の位置づけも大きく変化しております。
これまでの調剤中心の薬剤師業務から服薬指導中心の業務、また、今後は在宅業務など地域医療に積極的に参画できる薬剤師が求められるようになり、薬剤師の在り方や資質も大きく転換していくものと思われます。
その一環として薬学部も6年制となり、実務教育を受けた薬剤師が多く誕生してきます。
数年後には薬剤の数も過剰状態になるとも予測されています。さまざまな変化の中で私が考えます薬剤師は、医療を受ける側の立場に立ち患者様のニーズにあったサービスを提供できる人材であると考えます。
当社では医療はサービス業であるという認識のもと、全スタッフが患者様と向き合える時間が少しでも多く取れるよう薬歴の電子化、ペーパーレス化、調剤過誤などのヒューマンエラー防止などの業務の改善に取り組んできました。
今後は先に述べたような薬剤師の育成にも力を入れていきたいと考えております。

医療はサービス業

 薬剤師として服用方法、飲み合わせ等を考えるのはもちろん、患者様の立場になって、患者様個々に応じた接遇を心がけ、次回また、来局していただけるようなサービスを提供していくことが重要だと考えております。